かんたん見積もり>

利用者数No.1サービス

※SEMrushを用いた自社調べ(2021年10月時点)

商材写真とは?魅力的な撮影方法と商材ジャンルごとでおすすめの撮り方

更新日:2022年04月03日

商材写真はECサイトやECモールで商品を販売しする際に掲載する商業用の商品写真です。魅力的な商材写真を撮るために、商材ジャンル別に必要な知識やおすすめの撮影方法を紹介しています。売上に貢献する写真を撮るために参考にしてみてください。

初回撮影10%OFFキャンペーン実施中!

Amazon・楽天・自社EC・Shopify・BASE・STORES・Instagram・MakuakeなどでECの運用経験のある企画担当がサポート! 商品の魅力が伝わる物撮り・クリエイティブ制作でブランドのマーケティングを支援します

かんたん見積もり>

ペット・モデル撮影コスメ・化粧品の俯瞰撮影植物商品写真モデル・化粧品商品写真料理・ハンドモデル撮影料理イメージカット

商材写真とは

商材写真とは、小売企業やメーカーが自社の商品を販売するために利用する商業用の商品写真のことです。マーケティングのために使われる写真ですので「消費者の目にとまること」「消費者の購買意欲を湧かせること」「商品の情報を正しく伝えること」が求められます。

商材写真の撮影にこだわるべき2つの理由

オンラインやカタログなど実物を見ずに、購買することが当たり前になった今、魅力的な商材写真を撮影することは大きな2つのメリットがあります。

商品の売上アップにつながる

ヒトは83%の情報を資格情報から得ているというデータがあります。つまり、視覚的な情報が得られる商材写真が魅力的であれば、その魅力を消費者に強くアピールできるということです。

ご自身の体験においても商品写真に魅力を感じて商品を購入したり、看板の写真を見て飲食店に入店したりといったことは多々あるのではないでしょうか?

特に、オンラインでの販売の場合は伝えられる情報が写真や文字情報に限定されるので、写真の質によって売上が大きく変わります。

実物と写真のイメージの食い違いを防ぐ

インターネットでの販売の場合によく起こることが、イメージの食い違いです。

こちらもご自身の体験で考えていただくとわかりやすいかと思います。例えば、インターネットで商品を買った時に、想像していたカラーや雰囲気と異なっていたという経験があるのではないでしょうか?

カメラには、カラーや明るさなどを自動的に調整する機能が備わっており、その調整具合によって実物とは異なった見え方をしてしまう場合があります。したがって、商材を魅力的かつ実物に近い写真を撮影するためには、しっかりと細部まで注意を払う必要があるのです。写真のイメージが実物に近づくと、購入後のお客様の満足度が高まり、クレームが発生しづらくなるはずです。

アパレル・ファッション商材写真のポイント

洋服を小物と一緒に撮影したイメージ写真

アパレル・ファッション関連の商材写真は、ファッションアイテムとして身につける物なので、カラーや質感を正確に伝えることが最低条件です。さらに、消費者が「この洋服を着たい」と熱望するような、購買意欲をかきたてる写真であれば理想的です。

アパレル・ファッション商材の基本の撮影手法

アパレル・ファッション関連の商材写真と撮影方法は大きく分けて以下の3種類があります。

・平置き撮影

Tシャツの平置きのイメージ写真

平置き撮影とは商品を真っ平に置き、きちんと整形したうえで撮影する手法です。

最も安価で撮影できますが、十分に商品の特徴や良さを表現することは可能でしょう。

平置きについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

Tシャツの魅力を引き出す物撮り方法 | モデル・平置き・吊るし撮影の使い分け

関連記事

Tシャツの魅力を引き出す物撮り方法 | モデル・平置き・吊るし撮影の使い分け

・トルソー撮影

トルソーにかけたTシャツの写真

トルソー撮影とは、トルソー(胴体のみのマネキン・模型)に商品を着用させて撮影する手法のことです。

擬似的に人が着用したような表現をできるため、写真を見た人が商品のイメージを湧きやすいメリットがあります。

また実際の人物を使ったモデル撮影よりも安価に撮影することができるでしょう。

トルソーについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

洋服を上手に撮影する方法!おすすめ撮影方法から撮影設定・ライティングまで

関連記事

洋服を上手に撮影する方法!おすすめ撮影方法から撮影設定・ライティングまで

・モデル撮影

ボトムスと一緒に撮影した靴の写真

モデル撮影は、実際に人のモデルに商品を着用してもらって撮影する手法です。

平置きやトルソーの撮影よりもモデルを利用する分価格は上がりますが、購入者が最も購入後の利用イメージを想像しやすくなります。

登用するモデルを自社の商材のターゲット顧客のデモグラに合わせたり、想定する利用シーン(オフィスカジュアルなのかデート用なのか等)のシチュエーションに一致させて撮るなど幅広い表現が可能です。

また上下やバッグ、小物などと合わせたコーディネート写真もおすすめです。

モデル撮影の注意点やおすすめ撮影業者は、以下記事も参考にしてみてください。

【モデル撮影】商品写真でモデルカットを撮るための5つヒント!モデルの見つけ方から撮影アイデアまで

関連記事

【モデル撮影】商品写真でモデルカットを撮るための5つヒント!モデルの見つけ方から撮影アイデアまで

おすすめの撮影シチュエーション・背景

画角からはみ出すように撮影した洋服置き画

ファッション・アパレルジャンルの商材撮影で大切なのは、消費者が写真を通して商材の全体的な雰囲気と細部を正確に理解でき、更には商品の特徴や世界観を感じられることです。そのためには、商材の周りの背景や小物を上手く使うことが必須です。

写真いっぱいに商品が写っても、消費者は商材の世界観を理解することはできないですし、一方で写真に写っている商品が小さいと商材の詳細を確認することはできないでしょう。

したがって、スタジオや個室で撮影をする場合は一定の距離が確保できる部屋で、しっかりと適度な距離をとって撮影することが不可欠です。また、アパレル商品の細部まで綺麗に写るように自然光もしくは照明用ライト等を使って十分に明るさを確保することも大切です。

消費者が利用を想起しやすくするために、もし可能なら晴れた日に屋外で撮影するというのもアパレル商品であれば良いかもしれません。

アパレル商材写真のおすすめの小物と注意点

ブランドバックと組み合わせて撮影したパンプスのイメージ写真

アパレルの商材写真を撮影する際には、靴・小物・アクセサリーなどのほかのファッションアイテムが効果的な小道具になります。これらを活用することで、どんな色や形状、ブランドのアイテムと合うのかなどを具体的にイメージしやすくなるためです。

このとき注意しなくてはならないのは、商品と小物の配置です。

例えば、ペンダントやスカーフは首の位置に、ブレスレットは手の位置に置くといったように、実際の利用シーンにあわせた配置をするように心がけましょう。また、モデル撮影やトルソー撮影をすると、小物がよりいっそう効果を発揮するはずです。

洋服の撮影については以下記事で詳しく解説しておりますので、参考にしてみてください。

洋服を上手に撮影する方法!おすすめ撮影方法から撮影設定・ライティングまで

関連記事

洋服を上手に撮影する方法!おすすめ撮影方法から撮影設定・ライティングまで

また、実際のアパレル・ファッションの撮影事例からイメージに近い写真を見つけおくと、ご自身で撮影するときはもちろん、撮影会社に依頼するときもスムーズに撮影することができると思います。

アクセサリージャンル商材写真のポイント

人工光で撮影した白背景アクセサリー置き画

インターネットなどで購入されるアクセサリー・装飾品は、都会的で洗練されたものが多いです。したがって、洗練された商材写真を用いると、消費者に対して効果的なアピールになります。洋服などよりも更に世界観をうまく表現することを求められるジャンルとも言えるでしょう。 また反射素材やガラス、ダイヤ素材などは非常に撮影が難しい部類に分別されます。

アクセサリー関連商材の基本の撮影手法

指輪を着用したモデル写真

指輪やネックレスなどのアクセサリー商品は、アイテム一つひとつのサイズが基本的に小さいものが多いでしょう。したがって、そのまま単体で撮影すると商品をイメージしづらかったり、大半を背景が占めてしまったりすることになります。そのため、商品の配置や背景、小物やモデルを使うなどの表現の工夫が特に必要になります。

おすすめの撮影シチュエーションと注意点

アクセサリー商材は、金属やガラス面に背景やカメラマン自身が映り込んだり、ダイヤやガラスが光を乱反射してきれいに撮影できなかったりする場合があるため注意が必要です。以下ではアクセサリーの商材ごとに撮影方法のポイントを紹介します。

・ネックレス・指輪

ネックレスの存在感を強めたモデル写真

貴金属への映り込みに注意すると同時に、ピントにも注意する必要があります。これらのネックレスと指輪の豪華さや華やかさを自然に演出するには、透明なガラス面のうえでの撮影がオススメです。また、指輪を2つ重ねたり、小物と一緒に撮影したりするなど、ちょっとしたテクニックで商材写真の魅力が劇的に変化することもあります。

・イヤリング・ピアス

イヤリング・ピアスのモデル写真

イヤリングとピアス等の耳につけるアイテムは、平面に置いた状態よりもつるしてぶら下がった状態のほうがきれいに見えるためおすすめです。ピンなどを使って白壁につるして撮影するともっとも自然です。正面もしくはやや下からのアングルで撮影すると、イヤリングやピアスがとてもきれいにみえます。もちろん、モデルを使ってアイテムを着用した耳だけを写す撮影も良いでしょう。

【初心者向け】ピアスの撮影で差がつく4つのポイントを徹底解説

関連記事

【初心者向け】ピアスの撮影で差がつく4つのポイントを徹底解説

【イヤリングの撮り方】真似するだけでおしゃれに!写真撮影アイデア12選と自分で撮るためのヒント

関連記事

【イヤリングの撮り方】真似するだけでおしゃれに!写真撮影アイデア12選と自分で撮るためのヒント

アクセサリー商材写真のおすすめの小物と撮影グッズ

アクセサリーの撮影時ほど、小物や撮影グッズの活用法が重要視される場面はほかにないかもしれません。具体例をいくつかご紹介します。

撮影グッズ

・ブロワー

手元から空気を出すための撮影道具です。こまかなほこりやゴミを取り除くために使用します。

・手鏡

レフ板の代わりに被写体に光を集中させたいときに使用可能です。

・ピンセット

被写体の位置の微調整に使用します。

撮影小物

光る素材を使っている商材の写真は、同じ用に反射・光るガラス玉などを用いたりすることもおすすめです。明るさや光の調整など意外と使いやすいアイテムです。

また、商材の特徴に合わせて、白い布や木製のお皿、商材を入れるパッケージなどもセットに置いても良いかもしれません。

また、アクセサリー・ジュエリーの撮影事例も掲載しておりますので参考にしてみてください。

美容・コスメ・ヘルスケア関連商品の商材写真のポイント

真上から撮影したコスメイメージカット(ピンク背景・植物小物)

美容・コスメ・ヘルスケア関連商材に関しても、イメージが非常に重要な役割を果たします。

写真の売り上げがそのまま売り上げに直結しやすいため、押さえるべきポイントをしっかりと把握しましょう。

美容・コスメ・ヘルスケア商材での基本的な撮影手法

コスメイメージ写真

化粧品・コスメ商品であれば華やかさや爽やかさ、健康関連の商品であれば安心感を消費者が求めています。したがって、商材写真はそれらのイメージを映像としてアピールすると非常に魅力的になります。例えば化粧品の場合で例えると、その商品を使用したときに美しくなれる、といったイメージを消費者に想起させられる写真が理想的です。

美容関連商材の理想的な撮影シーンと注意点

コスメを手で持った写真

美容・ヘルスケア商材に限らずですが、商材の配置やライティングが異なるだけで写真の与えるイメージが劇的に変化します。例えば、白を基調した明るい部屋で、商材に対して真上から光を当てると、商材がかなり明るく写ります。明るさによって、消費者は自然と商品に対して華やかな印象を持つでしょう。

特に美容・ヘルスケア商材は、清潔感・安全性・爽やかが求められるため、ライティングには特に注意しましょう。商品自体の色や背景などによって、理想的な配置やライティングの位置などは変わるため、複数のパターンを試されることをオススメします。

美容・コスメ・ヘルスケアの商材写真でしたい小物

コスメの置き画(コンクリート背景・原材料セット)

消費者に対して伝えたいイメージを強調するには積極的に小物を使いましょう。

例えば、安心感や親近感を抱いてもらいたいときに効果的なアイテムは、グリーンです。背景色をグリーンにしたり、観葉植物を小物として使用したりすることで、写真全体の雰囲気がぐっと落ち着きます。

あるいは、ターゲット層の強く好むカラーを小物として使用することで、すぐれたブランディングの効果も期待できます。

コスメ・化粧品については以下の記事で詳しく解説しています。

【化粧品・コスメの撮り方】インスタ映えアイデア13選と自宅での撮影方法

関連記事

【化粧品・コスメの撮り方】インスタ映えアイデア13選と自宅での撮影方法

また、コスメ・化粧品の撮影事例サプリメント・健康機器の撮影事例も是非参考にしてみてください。

食品の商材写真のポイント

煙でシズル感を撮影した料理のイメージ写真

食品の商材写真で目指すことは、とてもシンプルです。「おいしそう」と消費者に思ってもらい、食欲を喚起することです。いわゆる「シズル感」を出すためのコツをお伝えします。

料理・食品商材の基本的な撮影手法

料理をしている風景写真

おいしそうな料理・食品の写真を撮影するためには、「単品商品画像」より「イメージカット」「シチュエーションカット」をおすすめします。実際の料理の大きさ・形・全体像よりも、食材がおいしそう表現されていることが重要です。

そのために必要なことは、しっかりと光を入れて明るい写真を撮ることと、強調したい箇所とそうでない場所の強弱を意識することです。

初心者の方の場合、人工照明を使用するよりも自然光を活用した方がよい写真になるでしょう。また、逆光もしくは半逆光(斜め後ろから光が入る状態)で撮影すると、料理が立体的に映りおいしそうに見えます。

食品・料理商材のおすすめ撮影シチュエーションと注意点

食品を日の丸構図で撮影した写真

料理写真のポイントは、食卓に並ぶ様子を消費者にしっかりとイメージさせることです。そして、主役の商品にしっかりとスポットを当てることです。このとき重要になるのが「構図」であり、それを事前に考えないといけません。そうでないと、商材が主役として目立たなくなります。

代表的な構図は、以下の3パターンです。

・三角構図

手前に1点、奥側の左右に1点ずつ、被写体を配置します。手前の主役だけをくっきりと映し、残りのプレート2点をぼかす撮影方法です。全体的に温かみが出ますし、3点の被写体があるため、安定感と華やかさの印象を与えられる構図です。

・対角線構図

シンプルに2点を対角線上に配置する構図です。手前の主役はくっきり映し、奥の1点をぼやけさせます。奥行きを出すのに効果的です。

・俯瞰構図

真上からの俯瞰で撮影する構図です。小物などをバランス良く配置することで、カフェのメニューのようにオシャレに見せられるのが特徴です。

構図については以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

【写真の構図おすすめ13選】スマホでもおしゃれに撮るための撮影ポイントを図解

関連記事

【写真の構図おすすめ13選】スマホでもおしゃれに撮るための撮影ポイントを図解

料理・食品の商材写真で利用したい小物

すき焼きの写真

食卓との関連性のある小物を効果的に利用すると、写真のクオリティーが高まります。具体的には、組み合わせのよいほかの食品(例えば、パンをメインとするときのスープやサラダなど)や、洗練されたカトラリー・食器などです。

あくまでもメインを際立たせるためのアイテムとして(主役よりも目立たないように)、アイテムを選択することが重要です。

また、こちらの食品・食材・食器の撮影事例も参考にしてみてください。

工業製品・家電製品・玩具の商材写真のポイント

工業製品・家電製品・玩具などは使い勝手・機能性・実用性などが求められる商材です。すぐれた商材写真を撮影するためのポイントをご紹介します。

工業製品・家電・おもちゃの基本的な撮影手法

工業用品・家電製品・玩具の写真に関して重要な点は、機能・操作性・信頼感を直感的に抱かせることです。そのためには、まず清潔感が求められます。そして、利用したときのイメージ画像にて使用感がイメージできれば理想的です。カタログ等で使用する場合もあると思うので、細かな部分まで見える明るさと解像度で撮影しましょう。

特にホビー商品の玩具や家電製品については細かな部分にこだわる愛好家が多いため、さまざまな角度からの写真を掲載し、写真だけで細部が確認できるようにしておくと良いと思います。

パッケージされた状態で商品を撮影する場合には、光の反射に注意して商品の輪郭が明確になるように注意しましょう。

理想的な撮影シチュエーションと注意点

工業製品・家電製品・玩具は、デザインにこだわって購入する方が多いため、商品デザインが明確に伝わるように意識しましょう。正面からの写真だけではなく、裏側やサイドからの写真のニーズが高いこともあります。

また、パッケージされた状態で商品を撮影する場合には、商品の輪郭が明確になるよう、光の角度や量に注意しなくてはなりません。

工業製品・家電・おもちゃの商材写真で利用したい小物

実用性を重視する機器の場合には、周辺機器や使用する場面などを想定した写真が効果的です。また、子供用玩具などプレゼントの要素がつよい商材の場合は、子どものモデルなどを使って、ワクワク感を演出するとよいでしょう。

まとめ

商材写真は、商品のターゲットや利用用途などを強く意識して撮影することで、消費者の心を捉える写真が完成します。写真で消費者を魅了できれば、自然に売り上げのアップにつながるので、ぜひこの記事で紹介した方法を一つひとつ実践してください。カメラの性能にこだわるよりも、目的や用途にあわせて写真の撮り方を工夫したほうがはるかによい成果が現れることは珍しくありません。

それでも、理想どおりの写真が仕上がらないという方は、プロに依頼をするのもオススメです。プロの撮影代行業者は、単に写真を撮るだけではなく、企画や構図などを考えて提案してくれる業者があります。売り上げに直結する写真を求めている方は、あわせてチェックしてください。

オンライン特化の商品撮影・物撮りサービスTORUNは高品質な写真を低価格で撮影を提供しています!お気軽に無料見積もりをご依頼ください!

またTORUNのInstagramTwitterでは割引情報や最新お役立ち情報を発信しているのでぜひフォローしてみてくださいね!

TORUNの使い方は以下動画をご参考ください。

<iframe width="250" height="444" src="https://www.youtube.com/embed/Ganr0txfC1c" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>