かんたん見積もり>

利用者数No.1サービス

※SEMrushを用いた自社調べ(2021年10月時点)

【メルカリ出品写真】プロに聞いた!かんたん撮影アイデア8選とコツ8選

更新日:2022年05月23日

メルカリは出品写真で売上が大きく左右します。この記事では売れる写真の解説や撮影アイデアやきれいな写真を撮るためのコツ、撮影方法、メルカリショップスについて解説します。自宅でスマホで簡単にできるプロ直伝のノウハウをまとめたので是非参考にしてください!

初回撮影10%OFFキャンペーン実施中!

Amazon・楽天・自社EC・Shopify・BASE・STORES・Instagram・MakuakeなどでECの運用経験のある企画担当がサポート! 商品の魅力が伝わる物撮り・クリエイティブ制作でブランドのマーケティングを支援します

かんたん見積もり>

ペット・モデル撮影コスメ・化粧品の俯瞰撮影植物商品写真モデル・化粧品商品写真料理・ハンドモデル撮影料理イメージカット

メルカリで「売れる」出品写真とは?

シチュエーションカット

売れる出品写真とは商品の状態がわかりやすい・きれいに撮影された写真を指します。

メルカリでは多くの人が出品写真で購入の判断を決めています。その際の基準となるのが「商品の状態がわかりやすいか」「写真はきれいに撮られているか」です。

状態を文章にするのは難しく、読み手にとっても伝わりにくいです。そのため何枚か撮影したり傷をアップで撮影することで状態がわかりやくなります。またきれいに撮影された写真はそれだけで好印象をもたれます。

この記事ではこの2つを抑えたうえで「売れる写真」の撮影アイデアやコツ、そしてメルカリショップス、撮影方法についても詳しく解説していきます!

【プロ直伝】出品写真の撮影アイデア8選

プロカメラマンがおすすめする撮影アイデアをご紹介します。ここに掲載されていない撮影アイデアはこちらにまとめてあるので是非参考にしてください!

1.吊り下げて撮影

吊り下げて撮影

ハンガーで壁などに吊るして撮影する方法です。実際の着用感や全体像が一目でわかるのでアパレル系を出品する際はとてもおすすめです。

アパレル系の撮影事例はこちら

【アパレルの撮り方】5つの撮影スタイルとおしゃれな商品写真を撮る手順を紹介

関連記事

【アパレルの撮り方】5つの撮影スタイルとおしゃれな商品写真を撮る手順を紹介

2.小物を置いてみる

小物を置いて撮影

商品に合った小物を置くことで明るい雰囲気のおしゃれな写真になります。女性向けブランドのMaison de FLEURは小物を使ってかわいい商品写真をたくさん掲載しているので参考にしてみてもよいでしょう。

3.モデルが着用した写真

アクセサリー着用写真

着用することで実際の大きさや使用感を伝えることができます。SBGというアクセサリーブランドは多くの着用写真を起用しているので参考にしてみてください!

【モデル撮影】商品写真でモデルカットを撮るための5つヒント!モデルの見つけ方から撮影アイデアまで

関連記事

【モデル撮影】商品写真でモデルカットを撮るための5つヒント!モデルの見つけ方から撮影アイデアまで

4.鏡を使って幻想的に

鏡を使って撮影したアクセサリー

アクセサリー撮影で鏡を使うことはかなり定番になっていますが、メルカリの出品写真ではめったに見ません。映り込みに気を付ければ難しくはないので是非やってみてください!

5.お皿に載せて撮影

イヤリングの平置きで撮影した写真(石風背景)

アクセサリー単体だと味気ない、でも小物がないという場合はお皿がおすすめです。アクセサリーに注目を集められるだけでなくこなれ感がでておしゃれな印象を与えます!

6.白い布を背景に

白い布を背景にして撮影したアクセサリー

白い布は高級感や清潔感があるため、撮影において最も重宝される道具の一つです。

ここで紹介しきれなかったアクセサリー撮影事例はこちら

7.きれいに並べてみる

きれいに並べて撮影したコスメ

複数出品する際綺麗に並べることを意識しましょう。そうすることでまとまりのあるきれいな写真に仕上げることができます。

四角形など、特定の形を作るのもかわいいですね!

同系色コスメで四角形を作って撮影したコスメ写真

紹介しきれなかったコスメ撮影事例はこちら

【化粧品・コスメの撮り方】インスタ映えアイデア13選と自宅での撮影方法

関連記事

【化粧品・コスメの撮り方】インスタ映えアイデア13選と自宅での撮影方法

8.本は真上から撮る!

真上から撮影した本

本は真上から撮りましょう。そうすることで本全体やタイトルが一目でわかるようになります。反射で文字が読めなくなることや自分が写ることがないように撮影することがコツです!

また、アクセサリーやコスメといった比較的小さいものも真上からの撮影がおすすめです。

▶アクセサリー

ジュエリーの置き画写真

▶コスメ

真上から撮影したコスメ置き画

簡単に「きれいな写真」になる撮影コツ8選

意識するだけで他の出品写真と大きく差をつけることができる以下のコツ8選をご紹介します。

  1. 出品写真は正方形

  2. 撮影前に汚れ・しわがないかチェック

  3. メルカリ内のカメラは使わない

  4. 背景は白い壁

  5. 光を当てて明るくする

  6. 少し距離を取ってゆがみを防ぐ

  7. 肘を机や膝に固定

  8. 複数枚撮る

1.メルカリは出品写真のサイズが決まっている!

スクエア(正方形)で撮影している画面

メルカリの出品写真は1:1の正方形です。そのためあらかじめ正方形で撮影しておくことでバランスの良い構図の写真を撮影することができます。

スマホの「スクエア」という機能を使うことで正方形の写真を撮ることができます!

【写真の構図おすすめ13選】スマホでもおしゃれに撮るための撮影ポイントを図解

関連記事

【写真の構図おすすめ13選】スマホでもおしゃれに撮るための撮影ポイントを図解

2.撮影前に汚れ・しわがないかチェックする

汚れ・しわがないかチェックすることを喚起

撮影前に汚れやほこり、しわなどを必ずきれいにしましょう。それだけで見た人にとっいて印象がマイナスになってしまかねません。

出品時は買い手の気持ちになってどういう写真が良いのか、何を求めているのかを考えてみるのが売れやすくなるコツです!

3.メルカリ内のカメラは使わない

メルカリ内にあるカメラは基本的に出品作業中に追加的に撮影したり少し加工したい場合に使用するためにあります。

きれいな写真を撮りたい場合は撮影用アプリを使って撮影することをおすすめします。あえて使わないことで落ち着いて良い写真を撮ることができるでしょう!

【自宅で物撮り】8つの商品撮影アイデアと商品ジャンル別で撮り方のコツを解説

関連記事

【自宅で物撮り】8つの商品撮影アイデアと商品ジャンル別で撮り方のコツを解説

4.背景は白い壁がおすすめ

家で撮影する際「部屋が映り込んでしまう」「日常生活感がでてしまう」という声をよく聞きます。実際にこのような写真をマイナスに思う人がいるのも事実です。

そんな方は白い壁を背景に撮影すると良いでしょう。プロの撮影においても最も使われているのは白背景です。

白い壁で撮影した写真

白は商品の輪郭や特徴、色や素材を際立たせます。さらに「清潔」や「おしゃれ」といった印象を与える効果もあるので白い壁を背景にするだけでメリットがたくさんあります。

また真上から撮影する場合は白い画用紙の上に商品を置いて撮影するとよいでしょう。

【背景でプロ級!】商品撮影・物撮りですぐ実践できる背景パターンと背景グッズを解説

関連記事

【背景でプロ級!】商品撮影・物撮りですぐ実践できる背景パターンと背景グッズを解説

5.明るい写真はイメージが良い!

サイド光で撮影したコスメ置き画

暗い所で撮影した写真はイメージも暗くなってしまいます。必ず太陽光が当たる窓際で撮影するか、所有しているライトで照らして撮影するとよいでしょう。

撮影する際は横から光を当てることがコツです。プロも商品撮影でよく行っている方法で立体感や質感を出すことができます。

サイドから光を当てた写真

太陽光を使う場合十分に明るさが確保できていれば室内の照明を消しましょう。複数の光が混ざるときれいな写真が撮りにくくなってしまいます。

6.少し遠くから撮影してゆがみを防ぐ

離れたところからイヤリング撮影をしている画像

特に小さいイヤリングなどを撮影する際などは近くに寄って撮影する方がほとんどだと思います。

実はこれはNGです!近くから撮影するとゆがみやすくなってしまうことがあります。少し距離を置いて撮影することでゆがみを防ぐことができるので意識してみてください!

7.手ブレは最大の敵

ブレている写真

「ブレ」は形や色、状態すべてが伝わらないため1番やってはいけないミスです。必ず商品の見せたい所にピントを合わせて撮影しましょう。

ジュエリーを布において撮影したイメージ写真

どうしてもブレてしまう場合は肘を机や膝において撮影することで安定して撮影することができます!

▶スマホの持ち方

8.複数の角度・視点から撮る

複数の角度・視点から撮影している図

一枚の写真だけでは買い手は見えないところに傷や色落ちがあるのではないかと不安になってしまいます。

そのため傷部分は大きく見せたり様々な角度から撮影したりと、複数の撮り方をすることで安心して購入できるよう配慮することが大事です。

メルカリショップスでも「売れる写真」を

ここからはメルカリとメルカリショップスの違いやどちらでも通用する撮影方法についてご紹介します!

メルカリショップスとは?

メルカリショップスとは「かんたんで、売れる」をコンセプトにしたネットショップ作成サービスで、簡単に言うと誰でもネットでお店を開けるサービスです。

メルカリは1回売れたらもう買うことができないという欠点がありましたが、メルカリショップスでは在庫管理が可能になり値下げ交渉もなくなりました。

▶メルカリ 一点ものの中古品を処分したい人におすすめ ▶メルカリショップス 在庫管理してたくさんのハンドメイド品などを販売したい人におすすめ

メルカリショップス撮影方法

売れる写真の撮り方には

  1. 「イメージを作る」

  2. 「撮影スタジオを作る」

  3. 「ライティングを考える」

の3ステップがあります。この3つについて解説していきます。

Step1: 商品写真のイメージを作る

撮影前に抑えておきたいポイントは以下の3つです。

1. 目にとまる 2. 購買意欲を湧かせる 3. 商品の情報を正しく伝える

このポイントを抑えたうえでどんな写真を撮りたいのかのコンセプトを決めましょう。

撮影コンセプトを考える

そのために「誰に使ってほしいのか・どんなイメージを持ってほしいのか・魅力は何か・他商品との違いは何か」を言語化してみてください。

Step2: 撮影スタジオを作る

DIYのシンプル撮影背景の作り方

必要な道具はクラフト紙と机です。テーブルを壁に寄せ、壁の上部にテープでクラフト紙を固定し、クラフト紙をそのまま垂らしてテーブルの上に乗せて完成です。 先ほど背景に白い壁をご紹介しましたが本格的な撮影をする場合はこのような準備をおすすめします。

Step3: ライティングを考える

最後にライティングを考えて撮影します。ライティングについては先程紹介したこちらに記載した通りです。

売れる商品写真の撮影方法とは?ECの売上を成長させる11個の撮影ヒント

関連記事

売れる商品写真の撮影方法とは?ECの売上を成長させる11個の撮影ヒント

よくある質問

スマホでは画質が悪いですか?

いいえ、そんなことはありません。画質が悪く見える原因として主に以下の4つがあげられます。

・暗い場所で撮影している ・ズームしすぎている ・手ブレ ・レンズが汚れている

この点を意識して撮影してみると改善するかもしれません。

また写真の彩度を調整することできれいに見せる方法もあります。しかし、実物と全く色味の異なった加工をするとトラブルになりかねないので注意しましょう。

彩度を変えすぎた写真

服が大きくて白背景で撮影できません

服が大きくて画用紙などの大きさが足りないなどの場合は、壁を傷つけないフックを使うことで白背景での吊り撮影が可能になります。

何かあるとよい道具はありますか?

本格的な撮影をするならレフ板がおすすめです!

レフ板とは光を反射することで商品を明るくする道具で、実は100円ショップにある白いカラーボードや画用紙で代用できるんです!大きさはA4ほどでOK!

レフ板使い方

AmazonやBASE、STORESと出品する場合の違いはありますか?

Amazonに出品する場合は、背景を完全な白(RGB:255,255,255)にする画像規約などが存在します。

【Amazon出品者向け】商品画像要件と売上を伸ばす撮影方法を解説

関連記事

【Amazon出品者向け】商品画像要件と売上を伸ばす撮影方法を解説

BASEやSTORESの場合は、メルカリと大きく変わりませんが、掲載できる写真枚数などに違いがあるので以下を参考にしてください。

BASE・STORESで初めてECショップを開設する人のための商品撮影のヒント

関連記事

BASE・STORESで初めてECショップを開設する人のための商品撮影のヒント

撮影会社に安価に依頼するのもおすすめ

TorunのTOP画面

TORUNはオンラインに特化した撮影代行およびクリエイティブ制作支援サービスです。わずか3分で見積りが依頼できる上に、オンラインでの撮影に特化しているので、1枚からでも依頼できます。撮影を担当するのは経験豊富なプロのカメラマンばかりが在籍しており高品質な写真を格安価格で利用できます。

またTORUNのInstagramTwitterでは割引情報や最新お役立ち情報を発信しているのでぜひフォローしてみてくださいね!

そこで今回は、株式会社ガラパゴス様とともに、トリプルメディアで考えるSNS活用戦略を解説いたします。 本ウェビナーでは、 ・トリプルメディアの概要 ・なぜトリプルメディアの考え方が重要なのか ・それぞれのメディアの活用法 など、トリプルメディアの概要から活用方法まで幅広く解説します。 【以下のような方におすすめです】 ・企業のマーケティング担当の方 ・SNS活用を検討されている方 ・企業のSNS担当者で、どのように複合的にメディアを活用するべきかのノウハウを知りたい方